オールインワンゲルの美白効果について

できてしまったシミも、これからできるシミもできることならなかったことにしたいですよね。
オールインワンゲルの美白効果なら、それが可能なのです。
オールインワンゲルでシミが消えた、肌が明るくなったという話を聞いたことはありませんか?

 

 

美白成分はもちろん入っています

 

美白効果があると言われているオールインワンゲルには、もちろんですが美白成分が入っています。
メラニンを抑制するプラセンタやアラントインやメラニンを抑制しながら排出する働きがあるビタミンC誘導体などが美白成分としては有名ですが、肌に優しいものとしては、植物性の美白成分、紫根エキスやトウキ、クララ、アロエ、シャクヤクやクワなどがあります。

 

美白効果があるオールインワンゲルには基本的に、これらの成分が入っています。

 

 

保湿と美白はワンセットで考えましょう

 

 

美白成分だけ入っていても、美白効果が得られないことが多いのです。
保湿力を高めて、肌の機能性も上げなければ、既に蓄積されているメラニンを排出できないからです。
将来的にも紫外線のダメージから肌を守るには、保湿がとても重要となってきます。

 

せっかくの美白成分も、乾いた肌には浸透しづらく、保湿がなければ美白も美肌も保てないということになります。
保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲンなどがありますが、肌の奥まで浸透するナノレベルの分子のものを選ぶと、保湿効果だけではなく美白効果も上がります。
保湿と美白は、ワンセットで考えるようにしましょう。

 

 

肌の再生力を高める

 

すぐに乾燥してしまう肌は、ターンオーバーの周期が乱れている恐れがあります。
ターンオーバーが乱れると、肌の再生力が落ち、新しい角質が生まれにくい状況になります。
つまり、古い角質がうまく排出されないということなので、シミも残りやすくなるのです。

 

肌の再生力を上げる成分として最近注目されているのが「セラミド」です。
セラミドは、人間がもともと持っている成分です
水分をためこむスポンジのような性質で保湿力もあり、肌の再生力もあるのです。
セラミド不足になると、肌はどんどん乾燥して保湿ができなくなります。
乾燥肌にもなりますし、シミもできやすい肌になるのです。

 

美白のためには肌の土台もしっかりしておかなければいけません。
そのためには、肌の再生力を上げることが大切ですからセラミドにも注目したいところです。