オールインワンゲルと日焼け止を一緒に使うには

オールインワンゲルのいいところは、他の化粧品と一緒に使うことができることです。
紫外線が強くなる季節には、日焼け止めクリームを使いますよね。
オールインワンゲルの中にUVカットの機能が入っていますが、別で日焼け止めクリームを塗りたいという人も多いと思います。

 

オールインワンゲルと日焼け止めクリームを併用する場合に気をつけるべきポイントと使用する順番をお話しします。

 

 

オールインワンゲルと日焼け止めクリーム、どっちが先?

 

オールインワンゲルと日焼け止めクリームですと、どちらを先に塗ると思いますか?
正解は、オールインワンゲルです。
オールインワンゲルをしっかりと浸透させてから、日焼け止めクリームを塗って、メイクをするようにしましょう。

 

日焼け止めクリームを先に塗ったことがある人は経験済みだと思いますが、オールインワンゲルを塗った時に、モロモロのカスが出てくるはずです。
そうなると、また最初からやり直しになってしまいますので、必ずオールインワンゲルを塗ってから日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

 

 

どうして、ダマができるの?

 

オールインワンゲルを先に塗ったのにも関わらず、日焼け止めクリームを塗る時や、メイクをした時にダマができたり、よれてしまうのは、オールインワンゲルが肌にちゃんと浸透していないからです。

 

急いでいる時でも、オールインワンゲルをしっかりと浸透させてから日焼け止めクリームを塗ってメイクをしましょう。
日焼け止めクリームを塗らなくても同じです。
オールインワンゲルが浸透していないうちにメイクをすると、ファンデーションがよれたりメイク崩れを起こしたりします。
結局、最初からスキンケアをやり直さなければいけなくなるので、浸透をさせるというポイントだけはしっかりと守りましょう。

 

 

基本的に油性化粧品は後から塗ること

 

日焼け止めクリームに関わらず、油性のクリームや乳液などは、オールインワンゲルの後に塗るのが基本です。
日焼け止めクリームも含めた、油性のクリームをオールインワンゲルよりも先に塗ってしまうと、油性クリームが肌を覆ってしまい、オールインワンゲルの美容成分が浸透しなくなります。
そうなると、オールインワンゲルの効果も格段に下がりますから、油性化粧品はオールインワンゲルの後に塗るという法則は絶対に忘れないようにしましょう。