40代以上のオールインワンゲルはアンチエイジング力に注目!

40代になると、かなり本腰でエイジングケアをしなければいけません。
できたシワをこれ以上深くしないように、できたシミをこれ以上深くしないようにといったようなエイジングケアをするためには、どんなオールインワンゲルが相応しいのか?
ここでわかりやすくお話しします。

 

 

とにかく保湿力が大事

 

30代よりもさらに保湿力を大事にしましょう。
40代の場合は、ただ保湿すればいいということではありません。
保湿成分がしっかりと肌の奥まで浸透してくれなければ保湿できているとはいえないのです。

 

保湿成分の分子の大きさにも注目しましょう。
最近は、ナノレベルのヒアルロン酸やコラーゲンが配合されている化粧品がたくさんあります。
オールインワンゲルにもナノレベルの美容成分が配合されているものがあります。
40代のオールインワンゲルはナノレベルの保湿成分が入ったものを選ぶことをお勧めします。

 

 

部分的に使い分ける

 

目の周りや口の周り、ほうれい線など40代になると特に気になりませんか?
1種類のオールインワンゲルだけではケアしきれないのが現実だと思います。
普段お使いのオールインワンゲル以外に、さらに保湿力のあるオールインワンゲルか、エイジングケア用の美容クリームなどで年齢が出やすいところをケアしましょう。

 

オールインワンゲルだけでお手入れを済ませたいところですが、40代になるとそれもなかなか困難になってきます。
40代の保水力は20代の約半分、コラーゲンなどの弾力成分も約半分になるので仕方のないことなのです。
けれども、しっかりケアしていれば心配はいりません。

 

 

テクスチャーは伸びで選ぶ

 

 

40代のオールインワンゲルを選ぶときにもうひとつ気をつけたいことはゲルの伸びです。
肌にオールインワンゲルを塗った後に、すぐに浸透するか蒸発してしまうものではなく、しばらく肌に残ってベタベタしているくらいのものを選びましょう。

 

40代のオールインワンゲルでのお手入れにはぜひ、フェイスマッサージも加えてほしいものです。
肌のくすみやたるみが気になる人は簡単でもいいので、オールインワンゲルでスキンケアをするときにフェイスマッサージをしてみてください。
マッサージの際の摩擦を防ぐために、ゲルは伸びるものが適しています。
コエンザイムQ10などが入ったものですと、テクスチャーも伸びやかです。
オールインワンゲルの成分を浸透させるためにも、できれば毎日フェイスマッサージを心がけましょう。