30代にピッタリなオールインワンゲルを選ぶコツ

30代の女性は、独身ですと働き盛りで忙しく、主婦ですと育児に忙しい生活を送っていることでしょう。
20代の頃とはまた違う忙しさがある中で、肌も少しずつ老化し始めていることを考えると、どのようなオールインワンゲルを選べばいいのか?
30代のオールインワンゲル選びのコツをお話しします。

 

 

美白効果が高いものを選ぶ

 

30代から少しずつ表面化するシミをノックアウトするためには、美白成分でのデイリーケアが必要です。
早い人では、20代後半からもうシミが出てくることもあります。
浴びてしまった紫外線、できてしまったシミにこだわっていても仕方ありません。
とにかく、美白成分でケアを積み重ねることに集中しましょう。

 

シミの自覚症状がなくても、紫外線対策はちゃんとしていたとしても油断は禁物です。
また、30代から疲れがくすみとなって肌に出やすくなります。
美白効果のある成分は、ビタミンC誘導体、AAPS、紫根エキス、プラセンタなどです。
これらの成分を毎日補うことでしっかりとシミ対策、くすみ対策をしましょう。

 

 

なるべく保湿力が高いものを

 

30代から気をつけなければいけないことのひとつに、乾燥があります。
乾燥肌になるのも30代からが多いです。
肌の水分と油分のバランスが崩れて、大人ニキビ、たるみ毛穴などの悩みも増えるのがこの年代です。
こうした悩みを解決するためには、保湿力のあるオールインワンゲルを選ぶことです。

 

30代に肌の乾燥が当たり前になると、次第に小じわやたるみが起こり、ひどい場合は10歳くらい老けたような顔に見えることもあります。
毎日、オールインワンゲルでしっかりと保湿をして肌の乾燥をまねかないように心がけましょう。
保湿成分としてはヒアルロン酸やセラミドがおすすめです。

 

 

弾力成分が入ったものもおすすめ

 

30代後半に差し掛かって来たら、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力成分が含まれているオールインワンゲルを選びましょう。
個人差がありますが、だんだん肌の弾力が失われてくる年齢でもあります。

 

コラーゲンを補給するなら、ビタミンCを摂ることも忘れてはいけません。
ビタミンCは誘導体で美容成分として補給するのもいいですが、食品で摂るのもいいです。
今から、シワやたるみ対策のために弾力成分にも注目したいですね。