オールインワンゲルの正しい保管方法について

意外に見落としがちなオールインワンゲルの保管方法ですが、みなさんはどんな場所に保管していますか?
保管方法によって、効果が落ちたりすることも考えられるので、正しい保管方法を知っておきたいですね。

 

ここでは、オールインワンゲルの正しい保管方法と注意点についてお話しします。

 

 

基本的に暖かい場所はNG

 

どんな化粧品でもそうですが、高温多湿での保管はNGです。
机の上に置いたままにしておいて直射日光を長時間浴びてしまったといったケースや、夏にエアコンのかかっていない部屋に長時間置きっぱなしにしてしまった場合は、効果が落ちてしまっている可能性が高いので使用をやめた方がいいです。

 

気温が高い季節は特に、オールインワンゲルの保管場所には気をつけましょう。

 

 

冷蔵庫が一番いい

 

化粧水や乳液と同様に、オールインワンゲルを保管する場所は冷蔵庫が一番ベストです。
冷蔵庫は温度も一定に保たれていますし、小さい子供の手が届きにくい場所でもありますね。
冷やして保管しておくことで、オールインワンゲルの中の成分の機能も保たれるので長持ちします。
オールインワンゲルは、なるべく冷蔵庫に保管するという習慣を身につけることをおすすめします。

 

 

注意すべき点

 

以前はオールインワンゲルを冷蔵庫に保管していたのに、何らかの事情で部屋の涼しいところに置くようになったという話をよく聞きます。
いくら涼しい場所であっても、常温であり、以前保管していた冷蔵庫よりも温度は高いのです。

 

このように涼しい場所であっても、急に温度が変わるとオールインワンゲルの中の成分が傷んでしまったり、機能性が落ちることがあります。
オールインワンゲルを、一度冷蔵庫で保管したなら、ずっと冷蔵庫で保管し続けましょう。
常温で保管していたオールインワンゲルを、冷蔵庫で保管するようになったという逆の場合は大丈夫です。
温度が低いところから高いところへ、突然保管場所を変えてしまわないように気をつけましょう。

 

保管方法を間違ってしまった場合は、肌荒れなどの心配もありますから、新しいものを購入することをお勧めします。