季節によってオールインワンゲルを使い分ける

ファンデーションを季節によって分けるように、オールインワンゲルも分けるのが理想的です。
汗をかきやすい夏には、あまりにも保湿性の高いオールインワンゲルを使うとどうなるのか、大体の人は想像がつきますよね。
ファンデーションのみならず、スキンケア化粧品も季節ごとの使いわけておられた人も多いと思います。

 

ここでは、季節ごとのオールインワンゲルの使い分け方をご説明します。

 

 

春夏は美白効果で選ぶ

 

春夏のシーズンはとにかく紫外線によるダメージが気になりますよね。
UVクリーム機能が入っているオールインワンゲルを選ぶと同時に、美白効果があるものを選ぶことをお勧めします。
美白効果のある成分としては、ビタミンC誘導体やAAPS、紫根エキス、プラセンタなどが使用されることが多いです。

 

これさえ塗っていれば、紫外線によるトラブルはない!と言えるほどのオールインワンゲルを選んでおくと春夏は心配なく過ごせます。
また、美白効果が高く、UVクリーム機能が備わっているオールインワンゲルはほとんどの場合、春夏用として作られていることが多いので、さっぱりタイプのテクスチャーなのです。

 

 

秋冬は保湿性で選ぶ

 

木枯らしが吹き始める秋冬の季節は、風も乾燥して肌はカサカサになりますよね。
顔だけとは限らずに、手足もカサカサになってしまいます。
そんな季節には、保湿性の高いオールインワンゲルを使用しましょう。
オールインワンゲルは保湿力があることで有名ですが、その中でも特に保湿力があるものを選ぶのです。

 

保湿成分で有名なのは、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンです。
コラーゲンを生成するためにはビタミンCも必要なので、秋冬にもビタミンC誘導体入りのオールインワンゲルをお勧めします。

 

 

部分的に使い分けてもOK!

 

オールシーズン、同じオールインワンゲルを使いたいという人ももちろんいると思います。
そういう人は、部分的にオールインワンゲルを使い分けてみてはいかがでしょうか?
乾燥する秋冬のシーズンは、乾燥しやすい目元、口元に保湿力のあるオールインワンゲルを塗ったり、ほうれい線が気になる人は、ほうれい線の部分にだけ保湿力のあるオールインワンゲルを使うなどの工夫をすると賢く使用できます。