保湿力の高いオールインワンゲルを選ぶ時のポイント

保湿力があるオールインワンゲルを使ってきたけれども、どれもこれもあまり効果が感じられなかった…という経験はありませんか?
保湿成分がたくさん入っているからと言って、どんな肌にでも効果があるとは限りません。
成分がちゃんと肌に浸透しているか?というのも大切なカギとなるのです。

 

ここでは、保湿力のあるオールインワンゲルを選ぶコツをお話しします。

 

 

ナノレベルの保湿成分に注目する

 

保湿力があるというオールインワンゲルを使用しても、あまり乾燥肌が改善されない人は、残念ながら保湿成分がちゃんと肌の奥まで浸透していないのかもしれません。
完全な乾燥肌になってしまうと、肌に美容成分が浸透しにくくなるのです。
化粧水や乳液を使っていた頃にもそう感じたことはありませんか?

 

化粧水をたっぷりつけているのに、ひとつも肌が潤わない…という人は、ほとんどの成分が空気中に蒸発してしまっています。
結局、オールインワンゲルも同じで、たくさん塗ったとしても有効成分のほとんどが蒸発してしまっているのです。
このような場合は、分子が小さくて浸透しやすい保湿成分が入っているオールインワンゲルを選びましょう。

 

 

ヒアルロン酸ではなくセラミド

 

保湿力が足りないと感じたら、ヒアルロン酸ではなくセラミドが配合されているオールインワンゲルを選びましょう。
ヒアルロン酸も確かに保水力はありますが、セラミドの方が断然ランクが上です。
肌のセラミド層が薄くなっている状態でヒアルロン酸を補給しても、水分をためておく力がないので効果は得られません。

 

セラミド層はスポンジのようになっていて、水分をためこむ力があります。
そのセラミド層を分厚くするためにも、ヒアルロン酸ではなくセラミド配合のオールインワンゲルを選ぶようにしましょう。

 

 

オールインワンゲルをするタイミングも重要

 

オールインワンゲルの保湿力がいまいちという人は、塗るタイミングについても見直してみてください。
成分を見極めるのは確かに大事ですが、毛穴が開いている状態の時にオールインワンゲルを塗らなければ、浸透力はあまりありません。
入浴中や洗顔後は、毛穴がいい意味で開いてくれているので、オールインワンゲルを塗るのに最適です。

 

このタイミングを逃さないようにしましょう。