敏感肌のためのオールインワンゲルの選び方

敏感肌の人は化粧品を選ぶ時にどんな成分が入ってるか、かなりシビアになると思います。
オールインワンゲルを選ぶ時も、なるべく肌への刺激が少ない成分が入ったものを選びたいですね。

 

ここでは敏感肌のためのオールインワンゲルの選び方をお話しします。

 

 

無添加のオールインワンゲルを選ぶ

 

化粧品に限らず、シャンプーやコンディショナーにも、肌に刺激を与える界面活性剤やパラベン、防腐剤、香料などの刺激成分が入っていることが多いですよね。
実は、オールインワンゲルも同じで、特に価格が安いものはこうした刺激成分が入っています。

 

価格を安くして、コスパを良くするためにはこのような刺激成分を使わなくてはいけないこともあるのですが、敏感肌の人は避けたい成分です。
敏感肌の人は、オールインワンゲルを選ぶ時も無添加のものを選びましょう。

 

 

天然由来成分配合のものを選ぶ

 

敏感肌の人がオールインワンゲルを選ぶ時には、天然由来の成分が配合されているものを選びましょう。
敏感肌のために成分が徹底されているオールインワンゲルには、水も含まれていないことがあります。
つまり、美容成分100%でできているオールインワンゲルだということになります。

 

さらには、美容成分は全て天然由来のもので、敏感肌用の場合は植物性のものがほとんどです。
成分を見る時は、天然由来の成分かを確認してから購入するようにしましょう。
少し高価になるかもしれませんが、肌荒れになってしまうと余計にお金がかかることもありますから、肌に優しいものを使いたいですね。

 

 

セラミド配合のものがおすすめ

 

敏感肌の人は、刺激を受けやすい肌の状態になっているはずです。
つまり、肌のバリア機能が何らかの理由によって低下しているのです。
主に乾燥肌から敏感肌になることが多いですが、その奥にはセラミド層の機能低下が考えられます。

 

 

肌は潤いがなくなるほどに、外からの刺激に弱くなるのです。
潤いを保つためのは、セラミド層の機能を上げることが重要となってきます。
敏感肌の人は、配合されている成分にまず目が行ってしまうと思いますが、同時にセラミド配合のものにも目を向けるようにしてみて下さい。

 

 

セラミド層の機能が上がれば、敏感肌も改善しますから、それほど成分にこだわる必要性もなくなってきます。